teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


札幌潮陵倶楽部58期

 投稿者:デレ  投稿日:2018年 6月30日(土)12時39分5秒
  6月29日に札幌市内にて札幌潮陵倶楽部58期同期会の集いが有りました。
この会は1995年に星野武司氏(故人)が中心になり58期の札幌会として
発足し近年は毎年ではなく約3年ぶりに(定かでは有りませんが)開催で
現在は余湖氏が主になって頂いております。

今回は小樽から本間氏が参加して頂きました、来年6月の卒業55周年の件や
近況報告等有りましたので出来る限り皆さんで協力したいと思っています。

参加者は20名 石川(実).石川(義勝).上田.岡田.柿沼正代(木村)
 川口.木村.京谷.鈴木.芹野.武居幸子(西本).中村静江.服部.原
 平野理恵子(奥天).本間.松浦.宮腰.山平.余湖  (敬称略)

1.集合写真
2.石川実城雄君と余湖君
3.平野理恵子(奥天)さんと柿沼正代(木村)さん
 
 

エサ

 投稿者:k-hana  投稿日:2018年 6月29日(金)22時30分36秒
  そうですね。野生動物は野生のままが良いですね。
我が家の近所でも、電線の上をリスが走っています。餌を与えたことは有りませんが、危害も与え
ないので、人間に対する警戒心は薄いようです。
知床では、エゾシカが草を食べながら道端近くまで来ました。女房とツーショットの写真を撮りま
したが、鹿は食事に夢中で人間には無関心でした。奈良公園の馴れ馴れしい鹿より、よっぽど可愛
いです。
屋久島では世界遺産地区に鹿や猿が沢山居ましたが、こちらは食害で困っているようです。
知床や積丹では熊避けの鈴を持って歩きました。こちらは人間が餌にならないように警戒していま
した。
 

キタキツネ

 投稿者:デレ  投稿日:2018年 6月29日(金)11時45分20秒
  ↓道内どこにでも住んでいますよ!数が増えて街中にも出没します。
観光客がエサを与えるのでキツネはあてにしてだんだんと自分でエサ
を取るの事をしなくなります。

珍しい.可愛いの気持ちは理解出来ますが自然界に生きる動物には
(キツネ.リス.熊?)エサは与えないのがルールですネ!
 

キタキツネ

 投稿者:k-hana  投稿日:2018年 6月27日(水)12時45分24秒
編集済
  積丹にもキタキツネがいるんだ!
私は知床のウトロの付近で見ましたが、積丹にもいるとは知りませんでした。考えて見れば、居て
も不思議はないのですが。

それにしても、やっぱり積丹は綺麗ですね。私も先年、神威岬と島武意海岸を見ました。美国の旅
館に泊まりましたが、積丹ウニが美味しかったです。美国の黄金岬も綺麗でした。積丹は、もう一
度行きたい所の1つです。
 

↓提案に同意

 投稿者:K.S  投稿日:2018年 6月26日(火)14時37分36秒
  きーちゃんの訃報情報の見出しへの提案に賛成です。
訃報は歓迎される投稿ではありませんが、これからは数が増えるでしょうから。
「時」を考えない投稿者もいるので、広く告知するために■印をつけましょう!

デレさん、積丹ブルーの写真投稿ありがとう。
日本にもこんな素晴らしい群青色の海があることを再認識しました。
 

築港に狸!?

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 6月26日(火)12時17分44秒
  訃報の投稿がその後の一般投稿で見にくくなってしまう。
ひとつ提案です。
例えば
『■■■ 訃 報 ■■■』
というように黒枠の代わりに黒四角とか黒三角とか黒丸で
わかりやすくしては如何でしょうか?

さて、キタキツネの投稿を見た翌日になんで狸にそれも築港で
お目にかかるのかね???瀕死の様子、生き長らえるかな?

2018-06-26 マイチャリトレ34日目
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1748427201906821.1073742226.100002186735589&type=3
 

積丹ブルー

 投稿者:デレ  投稿日:2018年 6月25日(月)14時34分2秒
  青い海と旨い空気と旨い鮨を求めて積丹に行きました。

観光シーズンになると込み合うし風邪の具合も良さそうなので古平~神恵内
を走る道道998号で当丸峠通りとりあえず神恵内村に行きました、平日のせいか
(この路線は総延長32kmです)途中すれ違った車は軽自動車1台と路上で
エサをねだるキツネ一匹のみでした...寂しくなる位静かなドライブです。

神威岬と島武意海岸の積丹ブルーがとても綺麗なので写真に収めました、夕日が
落ちる頃は良い絵になると思いつつ遅くなりそうなので諦めて帰途につきました。

蛇足かもしれませんが、神恵内村には食堂みたいな構えの鮨屋が1軒ありますが
今回3度目の訪問でしたが何時来ても旨い鮨を食べさせてくれますので機会が有れば
是非如何ですか!お勧めです

話変わってサムライブルーは頑張っていますねー.下馬評は良くなかったのですが
是非予選突破と行きたいですね。

 

ライトノベル拾遺

 投稿者:k-hana  投稿日:2018年 6月24日(日)09時26分48秒
  私が今買っている漫画があと3つ有りました。「レベレーション」「王妃マルゴ」「信長のシェ
フ」です。
「レベレーション」はジャンヌ=ダルクの話です。まだ、全容は分かりませんが、レベレーショ
ン=啓示に導かれて活躍したジャンヌが最後は処刑台に立ち、「あの啓示は何だったのか」と思
うようです。著者は「日出処の天子」を描いた山岸涼子です。
「王妃マルゴ」はユグノー戦争の頃のフランスで、萩尾望都の初めての歴史物です。カソリック
とプロテスタントの抗争が「7人のシェークスピア」と共通の時代背景を思わせますが、そこに
貴族たちの権力闘争や愛欲模様が絡んでいます。
「信長のシェフ」は戦国時代にタイムスリップした料理人の話です。信長はドラマの主役として
定番ですし、タイムスリップも、料理漫画も珍しくは無いですが、それらを組み合わせて、料理
が歴史を動かす所が面白いです。

こうして見ると、やはり歴史物が多いようです。子供達が小さかった頃は野球漫画やアクション
物も多かったのですが、最近は買わなくなりました。
もっとも、野球漫画もかつてのように素直に楽しめる作品が少なくなっているように思います。
あまりに多くの作品が描かれて、後発の作家は余程捻りを利かさないと売れなくなっているので
しょう。「MAJOR 2nd」は一時代を飾った「MAJOR]の作者が、その子供たちの世
代を描いていますが、キャラクターもバックグランドもかなり違います。
SFも買わなくなりました。私が歳をとったせいかもしれませんが、買ってまで読みたいと思え
る作品が無くなって来たように思います。手塚治虫のSFも、素晴らしいと思うのは昭和20年
代から30年代前半までです。手塚治虫晩年の傑作は「アドルフに告ぐ」や「陽だまりの樹」な
ど、近代史物でした。
SFの代わりに描いたのが「ブラックジャック」で、「ブラックジャック」に始まる医療漫画は
今日の大きなジャンルとなっています。
歴史物は史実との距離が様々ですが、史実そのものに見えない部分が沢山有り、異説も沢山有る
ので、作者にとっては話を膨らませ易いのでしょう。
 

心残り

 投稿者:デレ  投稿日:2018年 6月22日(金)08時47分24秒
  渡辺房江さんそして森元君と同期の訃報が相次ぎとても残念です、
ご冥福をお祈り申し上げます。

悔やまれるのは小樽に遊びに行くと時々森元君の奥様が経営している
喫茶店に立ち寄り.その際には彼が降りて来てくれて(会社は2F.店は1F)
雑談をしていたのですが、今年の2月か3月に立ち寄って時には何故か
仕事の邪魔になるので呼ばなくてよいですよと奥様に....
今思えばその時会っておけば良かったと後悔しています。
 

ライトノベル

 投稿者:k-hana  投稿日:2018年 6月21日(木)23時34分36秒
編集済
  重い話題が続いていますので、ここらで軽い話題を1つ。
近年、ライトノベル(略してラノベ)という言葉を見聞きしますが、分かったようで分からない
言葉なので、Wikiで調べてみたら、明確な定義は無く、混沌としているようです。
おぼろげながら、挿絵が多くアニメ的、台詞が多い、キャラクターが若者好みと言ったことが特
徴のようです。驚いたことに、源氏物語もライトノベルだと言う説も有るそうです。
ライトノベルが漫画的な小説なら、ヘビーコミックは無いのかと思っていましたが、無いようで
す。どうやら、究極のライトノベルが漫画だと言えるようです。

次は、ライトノベルならぬ漫画の話題。
現在進行中の漫画の内、私が目にしているのはごく一部だと思います。なので、私の知らない傑
作が沢山有るとは思いますが、今、単行本を買い続けている作品を紹介します。

「キングダム」は秦の始皇帝が天下統一する時代の英雄豪傑伝です。
「達人伝」は、キングダムより一時代前、白起による長平の大虐殺が行われた時代です。戦国四
君子や、キングダムにも出てくる英雄たちの若き日も出てきます。
「アンゴルモア」は元寇の役における対馬の戦いです。
「7人のシェークスピア」はシェークスピアには6人の仲間が居て、合計7人で1人のシェーク
スピアだとする話です。当時のイングランドの状況を含め、非常に興味深いです。
「プリニウス」は「テルマエロマエ」の作者がプリニウスの博物誌をベースに描いています。当
時のローマの状況も興味深く読めますが、最新刊はローマの大火の辺りです。
「ピアノのムシ」は腕は良いがひねくれ者の調律師が主役です。
「応天の門」は若き日の菅原道真が主役のミステリーで、そこに在原業平が絡んできます。
「はじめアルゴリズム」は数学大好き少年のお話です。数学者が監修しています。
「チェーザレ」はチェーザレ=ボルジアが主役で、ダ=ビンチやサボナローラ、マキャベリ、ル
クレツィアが出てきます。専門家も驚くほど時代考証が精密ですが、今は中断しています。
「ヒストリエ」はマケドニア王家に仕えるギリシャ育ちのスキタイ人が主役です。カイロネアの
戦いが終わった所で中断していますが、クールな主人公が魅力的です。
「銀の匙」は農業高校が舞台の青春漫画です。作者は道東の酪農家に生まれた農業高校出身の女
流漫画家で、酪農の実態がリアルです。中断していましたが、最近再開しました。
「ポーの一族」は萩尾望都が40年前に描いた作品の続編です。40年の時を経て、作風に微妙
な変化も見られます。昔より、おどろおどろしい感じが強くなっています。
以上の他に、娘が買ってくる「ちはやふる」も面白いです。これは前にも紹介しましたが、百人
一首をテーマにした青春漫画です。

小説が好きな人、映画が好きな人、漫画が好きな人、好みは人それぞれですが、表現手段が違う
だけで、何かを表現したいと言う心は同じではないかと思っています。
 

森元(北川)君のこと、ふたつ

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 6月21日(木)20時25分8秒
編集済
  森元君の逝去という報に、私も中古パソコン氏とおなじで、
しばらく誰のことか判りませんでした。
どんな同期生だったか、WHO'S WHOの全てのクラスの名前
を調べましたが、森元という苗字は見当たらない。はてな?

北川君だったのですね。
そう云われれば、苗字が変わったことは聞き知っていました。

彼とは高校在学中は、なにかの折に二言三言の言葉を交わし
ただけで、ほとんど交流はありませんでした。
卒業後に同期会かなにかで同席の際、私が以前から何となく
気になっていたことを、彼に訊いて教えてもらいました。

小樽がかつて隆盛を極め、全国各地から職を求めて人々が
流入し、沖仲仕などの港湾労働者が溢れ、遊郭もあり、
組が発生し、賭博場が開帳しといった状況に関連した事柄。
つまり小樽の893さんに関わることですね。
子供の頃からよく聞いた「南海の松」という通り名の893は
南から流れて来たのか元々小樽在の人だったのか? とかetc.

知ってどうなるものでもない質問でしたが、彼なら詳しく
知っているのではないかと思い、事実さすがに良く知って
いて、丁寧に疑問に答えてくれました。感心しましたよ。

もうひとつ印象に残っているのは、彼が煎れてくれた珈琲
の抜群に美味かったこと。
なにかの都合で小樽に帰省した折に、人通りもまばらな町
をぶらついていましたら、突然に車が横に止まりホーンが
鳴って「アキラッ」という呼び声。見ると(今は彼も故人と
なった)堀江君でした。
これから北川君の事務所へ行くので一緒に行こうと。
で、彼の仕事場に同行したのですが、そこでは堀江氏と
北川氏がなにか小樽の(政治的?)状況の情報交換をしていた
ようで、門外漢の私は大人しく座っていただけでした。
北川君がピー缶から両切りのショートピースを取り出して
一服するのを見て、しぶとく両切りの新生を吸い続けている
私は「うぬ、お主もなかなかしぶとい奴よのう」と思いまし
たね。
そして北川君の煎れてくれた珈琲の旨かったこと。
私は毎日5,6杯は珈琲を飲み、行く先々(海外も含め)で珈琲
を飲むのですが、人生で印象に残った珈琲の思い出というの
が数度あるのです。味や状況を含めて。
彼が出してくれた珈琲は、その数度のなかのひとつです。

堀江君も北川君も、旅立ってしまったか。早過ぎて残念です。
北川君のご冥福を祈ります。
 

訃報と地震お見舞い

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 6月19日(火)17時03分16秒
  妹から写メールで森元君の新聞のお悔やみ欄が送られてきました誰か分からずサマ、聞いて
北川君と分かりました。やんちゃでイベント好き世話好き3年のオシシのクラスむしろ旗、作成
の折彼と下田君が中心になり一緒に盛り上がった事が想いだされます。
4年前、同期会で出会った時、元気だったのに、ご冥福をお祈りいたします。

東日本大震災の教訓が少しは生かされたのか被害が軽微で済んで良かったですね。
軽微とは言え我が家もそうであった様に食器棚の扉が開いて食器が散乱、冷蔵庫が動き、
かたずけが大変でした。頑張ってください。地震保険入っている方は写真を撮って置くこと
をお勧めします。次は千葉県が危ないと言われています?お互い気を付けましょう
 

森元(北川)勝章君を偲ぶ

 投稿者:まつかん  投稿日:2018年 6月19日(火)16時40分18秒
  森元君の突然の訃報に驚いて昨夜奥沢口近くの小樽別院での
通夜に参列した。 同期10数名が来ていたし沢山の生花の中に
58期同期一同と鈴木康司君の花も供えられていた。

今年4月末に激しい腰の痛みを訴え3病院ほど転院したが結局
心臓の大動脈疾患で助からなかったとのことです。

長男裕介さんから父の供養ですからと直会に参加すすめられ
本間・織田・岩永・伊藤正・六条(久し振り)君らと少々居残り
故人を偲んだ。
若いころからボギー倶楽部で遊んだことや見晴らしの良い望洋台の
彼の自宅に集まってバーベキューで楽しんだことなどが語られていた。


小生は彼とは2年D組豊島一三先生担任クラスで一緒で、去年7月1日に会ったのが
今となっては最後となってしまいました。

当日桜ヶ丘球場で夏の高校野球小樽支部予選Bブロック準決勝で母校が水産高に
コールドで勝ったのを見て公園内のみはらし亭でジンギスカンとビールで
一人祝勝会をしたのち、都通りの岩永時計店で篤君に森元君の奥さんの喫茶店
の場所を教わり2階から降りてきた彼と奥さんの淹れたコーヒーを飲みながら
1時間ばかり昔し話をした。全く元気だった。

若くしてお父さんの北海道時事放声社を継ぎさらに小冊子の月刊
おたるを引き受け少人数で毎月発行するのもかなりストレスと
なったのでしょう。
ひたすらご冥福を祈ります。 合掌


なお今年から高校野球の小樽支部予選は樽工業(千秋)と樽商業(緑陵)が
統合で樽未来創造1校になりまた倶知安農高の不出場などで合計出場10校と
減って1ブロックのみとなり円山球場への代表校は1校だけとなった。
こうなると円山球場に出るには必ず北照高に勝つのが必須条件。
母校の応援は小樽桜ヶ丘球場でお願いしますとなりそうだ。
 

地震お見舞い

 投稿者:k.inazawa  投稿日:2018年 6月19日(火)14時12分27秒
   単身赴任していた時、阪神淡路震災で今までにない経験をし、
本当にびっくりした事を思いだしました。
幸いに私は被害がありませんでしたが、神戸にいた故照井君は食器棚が倒れてきたと言っていました。
今回も関西の同期の仲間も何らかの被害があったと思います。
慎んでお見舞い申しあげます。後かたずけが大変かと思いますが頑張って下さい。
このくらいしか言えずすみません。
 

訃報と地震

 投稿者:summer  投稿日:2018年 6月18日(月)16時10分0秒
  今朝テレビで関西の地震報道を見ている時に姉からメール。
森元君の訃報でした。
同期会を開催するたびに尽力されていました。
来年に向け本間君共々知恵を絞られていたことだろうと思うと残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。合掌

地震の被害は滋賀県の方は軽微だったようですが
平石8(吉田)知ちゃんにはかなりの被害が発生しているようで心配です。
火災が発生せぬようにと願ってます。
 

大阪地震

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 6月18日(月)08時18分19秒
  関西の皆さん大丈夫ですか?  

訃報

 投稿者:Ryo  投稿日:2018年 6月18日(月)07時21分31秒
  森元勝章君16日に逝く
通夜18日午後6時
葬儀19日午前10時
本願寺小樽別院‥若松1-4
自宅・・望洋台2-30-18
海に遊んだことが想い出されます 合掌
 

訃 報

 投稿者:東京幹事  投稿日:2018年 6月14日(木)22時18分25秒
  悲しい知らせの投稿です。

同期の渡辺(旧姓菊地)房江さんが去る6日に逝去されました。

葬儀は既に終えられたとのことです。
いつも笑顔を絶やさず、熱海での同期会にも参加いただきました。
ご冥福をお祈りいたします。
 

アカショウビン他

 投稿者:k-hana  投稿日:2018年 6月13日(水)15時44分18秒
  アカショウビンを直に見られたのですね。私は、先日羽黒山へ行った時、南谷と言う所で、アカ
ショウビンを狙ってカメラを構える人たちに出会いました。その時、カメラに映ったアカショウ
ビンを見せて貰いましたが、実物には出会えませんでした。登山道の中で鳴き声だけは聞こえま
した。

エーゲ海の写真は奥さんの撮影ですか? サントリーニ島は、数あるアトランティス伝説の1つ
に関係しているそうです。

積丹ブルーは素晴らしいですね。自然そのものの美しさという点で、私が見た中ではベストワン
です。あそこは岬まで両側が切り立っていて、水面を殆ど真上から見るため変な反射が無く、透
明感のある海の青さが素晴らしかったです。そよ風が吹くと、水面全体が揺らめく宝石のようで
した。

3月から5月の3ヶ月間に、4回旅行しました。3月上旬は箱根の美術館巡り、3月下旬は日南
と西都原古墳群、4月中旬は近江周辺の古城、5月下旬は羽黒山、立石寺、松島です。3月下旬
はソフトボールの応援のついでで、私1人で行きました。
例年なら、次の旅行計画ができている頃ですが、今年は未だです。是非行きたい所も沢山有りま
すが、気候の問題や寺社の公開時期の問題、交通の便などの他に、女房の都合など、流動的な条
件が色々有って、決めかねています。
しかし、最近、以前にも増して足腰の衰えを感ずるようになってきました。ケチらずにタクシー
なども利用しようとは思いますが、歩かなければ意味が無い所も多いです。美術館などで長時間
立っているのも意外にきついです。今までは時間の許す限り沢山見ようとしてきましたが、もう
少し、緩い日程にしようかと思っています。
どれだけ見てもあの世には持って行けないのですが、人の営みってそんなものですよね。
 

↓ お見事!

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 6月13日(水)08時18分28秒
編集済
  とくにアカショウビンが傑作では!
北海道でも千歳川には渡ってくるそうです。
 

鳥3題の画像

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 6月12日(火)16時55分36秒
  画像  

鳥、3題

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 6月12日(火)16時47分39秒
  c-catさん海外旅行羨ましい!私は欧州には行った事が有りません。行ってみたいですが
2004年に息子が香港に仕事で駐在中に観光を兼ねて行った時、帰国前夜めまいを起こし
ビクトリアピークの病院に救急搬送され4日間入院、車椅子の帰国となりました。
良かった言えば毎日、ヘソ出しルックの女優の様な女医さんが診察に来てくれましたよ
それ以来海外旅行は不安で行っていません
過日、八重山諸島へ行って来ました。学生学生時代に徳之島まで行ったのですが、それ以南は
パスポートが必要な時代で行けませんでしたから、今回は鳥が撮れたらと思い行きました
バードウオッチー憧れのりゅきゅうアカショウビンが撮れましたので掲載させて頂きます。
それとツミの捕食(スズメ?を捕まえて羽を毟りメスに食べさせる準備)の画像
あとは鉄橋の上のチョウゲンボウの幼鳥が親鳥からの餌を暑さと空腹でふて腐れ居る画像です?
しかし、八重山諸島のブルーも花も綺麗でしたよ
 

積丹ブルー

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 6月11日(月)14時11分35秒
編集済
  私たちの故郷は海の街。
近郊には「積丹ブルー」という素晴らしい海の青が
ありましたね。昔に撮った風景を憶いだしました。
その時分には私も写真を撮ったのです。
(photo by c-cat)
いまは毎晩の店のライブを記録で撮るのみですが。
 

ブルー

 投稿者:デレ  投稿日:2018年 6月11日(月)08時53分11秒
  c-cat氏無事に生還出来て良かったね!(かなり以前は飛行機が目的の
空港に到着するとスチュワーデスのお姉さんが当機は無事○△空港に到着
致しましたとのアナウンスが有りましたよね!皆さん覚えていますか?)。

金婚年にお二人で元気にクルーズでの旅なによりですね!
当分疲れが取れないと思いますので無理しないように...と思います、
何せこの年齢になると体力の回復に時間がかかるのは私だけではない
と思います。

エーゲ海やアドリア海等は微妙に違う海の色との事.この海を眺めていると
雑踏の中で忙しくしている人には正に命の洗濯でしょうね!
唱歌にありますが、海は広いな大きいな...行ってみたいなよその国

b.♭にお邪魔して早1ヶ月になりますがその節はお世話になりました
札幌の熊が出るような田舎に住んでいる為ボケ防止の為たまには東京
とか大阪に出向き雑踏の中に身を置いて適度にストレスを感じようと
思っています、機会が有れば再会を。

蛇足:エーゲ海やアドリア海とはいきませんが近々積丹ブルーを
   見て旨い空気を吸いに行こうかな。

 

↓ 移ろう色

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 6月11日(月)04時49分29秒
編集済
  青い海に白いクルーズ船が素敵ですね。

汚染が原因なら『青潮』かな?
c-catさんちのお庭のお池の東京湾のように!
https://pps-net.org/interncolumn/blue_tide
 

海面の 移ろう色に 倦みもせず

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 6月11日(月)00時09分32秒
  きー坊殿、ありがとう。
確かに、底がはっきり見えるような透明度の高い
エメラルド・グリーンの浅瀬もありますね。
海の深さ浅さによる光の屈折率の影響もあるとは
思います。温度の影響もあるかもしれない。
南洋の島の波打際や浅瀬などはそうじゃないかな。

でも、例えばベネチアの海(といっても中心および
周辺も運河状態になっているからか)のグリーンは、
良く云えば栄養分が多い、悪く云えば汚れている
ための海水の変化からのような気がします。

海の色の写真三点。(photo by カミサン)

●上の写真
イタリア・ベネチアから出航。サンマルコ広場には
観光客が蟻ん子のようにわんさかと。

●中の写真
コトル港(モンテネグロ)に向かって曲がりくねった
狭い海域を進む。両岸に迫る山と街並みが弩迫力。
wikipedia
コトル湾はヨーロッパ最南部のフィヨルドと呼ばれ
ることもあるが実際はリアス式海岸の一部である。
標高の高い台地から流れるボケリ川が、海に浸食
されて川渓谷となっている。

●下の写真
ギリシャのサントリーニ島から海を望む。
まさにエーゲ海の紺碧の海。
 

↓海の色

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時13分31秒
編集済
  海が深いと吸収されにくかった青色が最後まで残ります。
浅いとまだ緑色が残りそれが底で反射されて
エメラルドグリーンに見えるらしい。諸説あり。
ただし、プランクトンの少ない透明度の高い
海の場合です。
昔ヨット遊びをしていた神戸の須磨沖では
汚れた黒っぽい青い海から沖出しし潮目を越えると
紀伊水道から入ってきた外洋海水が
エメラルドグリーンに光り、同乗していた
美女たちが歓声を上げたもんです、はい。
 

旅先で思ったことなど

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 6月 9日(土)12時00分30秒
編集済
  ● 海の色のこと

眼下が雲のみの上空からベネチア(ベニス)近郊に近づくにつれ、
ようやく海が見えるようになりました。いわゆるアドリア海の
紺碧(インディゴ・ブルー)の海です。
それから陸地が見えはじめ、豆粒の家並も見えだし、飛行機は
低空になり、着陸地に接近していくと、海の色はしだいに緑味
を帯びて、日本色でいう納戸色(なんどいろ)に変化していきま
した。ベネチアの海は緑色です。

実は三十年ほど以前に、イタリアを廻った旅行でベネチアには
一泊しています。カナル・グランデ(大運河)に面したホテルで、
早朝には狭い迷路のような街中を散歩したことがあります。
細路はほとんどが水辺で行き止まりになり、そこからはボート
で通行しなければならなくなる街のつくりでした。
水辺をぼんやり眺めながら、旅情にひたっていましたが、その
ときには海の色の違いなどは意識にはありませんでした。

南北の国や地形の違い、季節の変化によって海の色がその表情
を微妙に異ならせるというのは、なんとなく当然のように意識
していました。が、今回の船旅で法則のような海の色彩の変化
に気付いたのです。
船が出港し、島影もない遥かに水平線しか見えない洋上の海は
紺碧の青さです。地中海、エーゲ海、アドリア海などの観光用
パンフレットの写真にある真っ青な海です。
しかし、船が上陸地点の陸地や島々に近づくにつれ、濃淡の差
はあるものの、しだいに緑味を帯びていくのでした。
これはなんでしょうね。
船舶の入港出航、停泊、そして陸地の人々の暮らしや動植物の
営み等による物質が流入し、プランクトンなどの増減の変化で
海中の内容が変化していくからでしょうか。
そしてこれは、この地域の海に顕著にみられる特徴なんでしょ
うか。ヨットマンのきー坊はどう思いますか?


● 貧しさということ

日本にもまだまだホームレスの人々が残っていると思います。
しかし彼らが路傍で道行く人にお金を乞う、いわゆる乞食を
している姿は見た事がありません。かつては普通に会社勤め
や家庭での生活をしていた方々なので、いかに困窮しようと、
さすがにそのような恥ずかしい行為はできないのでしょう。

何十年も前ではありますが、パリでもロンドンでも乞食は
見ました。浮浪者といった風袋で、どちらも男性でした。
こんどの旅行でイタリアやギリシャで見かけた乞食はすべて
女性(老婆と母親)でした。
世界遺産に登録された観光地の島の路傍に、母親が乳幼児を
抱いた姿で物乞いをしているのが一種の(職業的)姿になって
いるようでした。

ただ、乞食とは云えないですが、最初に出会った少年の姿は
強く印象に残っています。島の田舎道には信号がありません。
しかし、途中の丁字路でやっと信号があり赤信号で観光バス
は止まりました。対面の赤信号にも数台の乗用車が止まって
います。私が見たのは上半身裸で半ズボンをはいた8, 9歳位
の少年が長いモッブを持って舗道に立っており、停車してい
る車に近寄って話しかけている様子でした。
車の窓を拭くからお金を、と言っているのでしょう。断られ
て道路の中央に歩み寄り、二車線の内側の車に話しかけ、又
断られ、信号が青に変わるやいなや、さっと車を避けて舗道
に戻りました。
親に言われてやっているのか、孤児なのか、その年齢ならば
本来なら学校へ行っている時間ではないのか、慣れた様子な
ので危険はないのだろうが、などと思いました。
その数日後ですが、アテネ観光のためピレウス港に入港する
とクイーン・エリザベス号が入港していました。
船の外観の規模は、私たちの乗っている船とは大差はないよ
うに見えましたが、乗船しているお客はさだめしお金持ちの
人々なのだろうと推測し、同時に、あの窓拭き少年の将来の
ことなどを対比的にふと想ってしまいました。


●エーゲ海とアドリア海のこと

私たちの旅程は、イタリア半島とバルカン半島に挟まれた
アドリア海のクルーズで、途中の島や陸地の世界遺産登録
の観光地点を巡る旅でした。
エーゲ海というのは、ギリシャとトルコに挟まれた海域です。
しかしツアーの名称は「蒼く輝くエーゲ海クルーズ11日間」
となっていました。乗船した他の旅行社の添乗員さんの表示
物もみな「エーゲ海」となっていました。
まったく間違いといえなくもないのは、船旅8日間の中の2日
間のサントリーニ島とアテネは、アドリア海からギリシャの
南端を回り込んでのエーゲ海に位置するからです。
でもほとんどの航海はアドリア海の航路でしたけれどね。
日本人にはエーゲ海のほうが耳慣れており、魅力的な印象が
強いからなのでしょうね。

●バルカン半島のこと

イタリアとギリシャの他に、バルカン半島で寄ったのは、
モンテネグロのコトルという町だけでした。モンテネグロの
国名さえおぼろでしたが、モンテ(山)ネグロ(黒い)という意味
が判ったので覚えました。黒い山とは単純な国名ですね。
でも考えてみれば、日本という国名も良い名ではありますが
やはり同様に単純な国名かもしれません。

お隣のクロアチアのドゥブロブニクも大変人気のある観光地
らしいですが、今回は寄りませんでした。
かつてチトー大統領がまとめていたユーゴスラビア社会主義
連邦共和国は、チトーの死後にあっちこっちで民族間紛争が
多発し、てんでんばらばらに国家が独立して、私にはわけが
わからなくなっています。
大雑把に判ったことは、クロアチア人とセルビア人は犬猿の
仲だと(だったと)いうことくらいです。宗教も言語も異なる。
長州と会津の遺恨は明治維新の話しですが、クロアチア人と
セルビア人の紛争は1990年代のごく記憶に新しい出来事です
から、いまだに尾を引いているらしいです。

いま観光ツアーは、必ず現地人のガイドを付けなければなら
ない決まりがあるそうで、陸路でクロアチアのドゥブロブニク
からモンテネグロのコトルに来るツアーのガイドがどちらかの
現地人なら片方の悪口を言う、と日本人ガイドから聞きました。
モンテネグロの空軍が、紛争の際にクロアチアのドゥブロブニク
を空爆したからだそうです。

バルカン半島の歴史は古代から複雑すぎて、学び直さなければ
私には曖昧模糊としていて理解できていません。
度重なる戦禍や国家民族間の虐殺があり、第一次世界大戦の発火
点であったというくらいのことしか解っていませんでした。
一観光客として、美しいたたずまいの古い街並みを散歩し、高台
にある露天の店のテーブルで冷たい飲み物を飲み、煙草を吹かし
ながら海を眺めている私は、なんとイイ「身分」なんでしょう。
 

山形、松島

 投稿者:k-hana  投稿日:2018年 6月 7日(木)00時00分46秒
  5月28日~6月1日に山形、松島に旅行しました。山形は加茂水族館、羽黒山、山寺、山形市内を見ました。詳細は以下のブログでご覧ください。かなり長くなったので、興味の有る所だけ見て下さって構いません。
http://red-takahune.cocolog-nifty.com/
 

母校の門前のツツジがなかなか!

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 6月 2日(土)11時32分49秒
編集済
  ①第三埠頭近くの旭橋の手前のナナカマドの一部が
なぜか紅葉していました。
②母校の門前のツツジがなかなか!
③記念シャンツェと望洋シャンツェ
望洋台に抜けるのに五百羅漢の坂はキツイ過ぎるので
記念シャンツェ経由の比較的上りが楽そうなルートを
開拓した。猛暑の夏でも少しは涼みに登れそうです。
途中で猛犬5頭に吠えまくられるのが玉に瑕ですがね。

2018-06-02 マイチャリトレ24日目
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1717635051652703.1073742215.100002186735589&type=3
 

レンタル掲示板
/183