teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


↓ & ↓↓ && ↓↓↓ &&& ↓×?

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月16日(火)14時20分46秒
編集済
  デレさん江:
寒いとなまらシャッターの反応が悪くなります。
札幌オリンピックで経験しました。
タイミングが思ったよりかなり遅れていると思います。
幕間はカメラの防寒・保温に気をつけてください。

すずきこうじさん江:
あいにくきのうは雨でした。だからけさは車道も
歩道もアイスバーン、国道は車列ができていました。
私的にはマンションなので雪掻きはオーナー管理人
さんのお仕事なんですが早朝出掛ける前にとりあえず
最小限の雪掻きをボランティアでやっています。

s-roosterさん江:
あたしゃ、夏のジャガイモ畑はきれいで好きなんですが、
冬のジャガイモ畑からはエスケープします。
ぜひカボチャ大のジャガイモ畑のパチリをよろしく。

中古パソコンさん江:
カイツブリはどれじゃぁ~?
 
 

 投稿者:デレ  投稿日:2018年 1月16日(火)08時21分49秒
  中古パソコンさんに背中を押され、恥ずかしながら投稿します。

1月13日ワールドカップスキージャンプ女子を見に行きました
高梨.伊藤.日本勢の応援に行きましたがルンビとアルトハウス
の2強が頭抜けて高梨は3位でした、平昌オリンピックの金メタル
はかなり厳しいと感じましたネー。

鳥は鳥でも鳥人の写真撮ってきました、気温-5°寒かったなー
そのせいか体の動きが悪く指先の感覚が悪く上手く撮る事が出来
ませんでした(寒さとカメラの性能が原因としましょう)。

雪搔きの心配有難う御座います、今の所札幌は余り多くはないので
助かりますがこれからが本番でしょうから、針治療に通いながら
冬を越します。

 

寒い朝

 投稿者:すずきこうじ  投稿日:2018年 1月15日(月)13時05分14秒
   寒さも今が底か、4日ぶりに噴水池に氷が張っていなかった。
昨日から、日の出時刻が反転、1分早くなり、例の白梅は10日
前から咲き出している。

 ウオーキングのいでたち。右ひざ下にレッグウオーマー、ラクダ
のももひき、トレパンにウィンドブレーカー。歩き出しは1時間遅
らせ7時半ころ。坐骨神経痛再発に気を付けています。

 パンダガモ、ゴレンジャーの仮面に似ているネ。
ジャガイモの斜面をスイスイ滑走するのは想像を絶する。
デレ、きー坊、まつかん、雪かき大変!この冬の雪かき事情などは
どうですか?

 

そう、これがジャガイモ畑!

 投稿者:s-rooster  投稿日:2018年 1月15日(月)11時33分59秒
  キーたん

可愛らしい、ジャガイモ畑の写真(↓)よく見つけたねー!

但し、尾瀬岩鞍は、ジャガイモの名所で、急斜面のゲレンデなんかも含め、もっと大きなジャガイモがゴロゴロしているところもあるんだよ。2月にまた行くので、写真撮れるかも…。
 

雪のジャガイモは?

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 1月15日(月)11時10分8秒
  キー坊さんへ
納得しましたよ!今頃ゲレンデですか

稲沢先生、?ガモ、掲示されています宜しく
 

新年、初美術館

 投稿者:k-hana  投稿日:2018年 1月14日(日)23時42分19秒
編集済
  今月11日に、国立科学博物館の「アンデス展」と国立西洋美術館の「北斎とジャポニズ
ム展」を見ました。東京へ行く交通費も馬鹿にならないので、近い所を2つ見るようにし
ています。色々面白いものを見ましたが、それぞれ1つずつ紹介します。
アンデスと言えば、インカとナスカくらいしか知りませんでしたが、それ以外にも多くの
文明が有りました。その中でも紀元前3000年頃のカラル文明は壮大な石造建築が素晴
らしく、エジプトやメソポタミアにも負けないと思いました。
近世の欧州の画家、特に印象派の画家が浮世絵の影響を受けたことはよく知られています
が、モネ、ゴッホ、ドガ、ピサロ、ロートレックなど名だたる画家の作品と、それに影響
を与えたと思われる作品が並べられていました。
その中で、ランプシェードで有名なガレの寄木の板に螺鈿で描いた「枝垂れ桜」に驚きま
した。彼が浮世絵マニアだったことも驚きでしたが、描かれた作品そのものにも驚きまし
た。印象派の画家たちは浮世絵にインスピレーションを得ても、あくまでも欧州美術でし
たが、ガレの作品はまさに和のテイストでした。28日までやっているので、関心の有る
方はご覧ください。
 

ジャガイモバーン

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月14日(日)20時42分6秒
  ネット検索写真を引用します。
ご覧のように圧雪はされているんですが、
ゴロゴロしたものが雪面に浮いています。
しかし圧雪面下にもゴロゴロが敷き詰め
られており、あたかもいびつな雪のボール
ベアリングの上をスキーで滑らされる感じ
かな。エッジはゴロゴロと支えなく、外へ
下へと流され続きます。スピードを抑え
人生と同じ様にあきらめて流され続けます。
 

パンダガモー2

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 1月14日(日)19時40分43秒
  カイツブリが入った写真あり  

パンダガモ

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 1月14日(日)19時35分24秒
  スキーの話しで盛り上がって居るところお邪魔します。しかし雪のジャガイモは知らなかったです
キー坊さん写真を掲示してください。昨日村上先生の臼井八景(印旛沼)の講演を聞きに行きました
漢文を読み解説して、さすが国語の先生、菊池先生の授業しっかり聴いていたんだね。柴田君と漢文の授業は居眠りが多かったと昔話をしてきました。
前回予告しましたミコアイサの写真、撮れましたので掲載させて頂きます。この鳥は警戒心が
強く印旛沼の沖の方にいるため、なかなか私のカメラでは撮れず、強風日に近隣の池に避難
することがあると言う鳥友からの情報を聞いてゲット出来ました。
なお碓井君のブログ、鳥見遊遊とは比較にならないかもしれませんが見てください

ミコアイサの雄4枚と雌2枚です

知ちゃんて誰?元、硝子屋のお嬢さんですか?
デレさんも鳥撮りして投稿してください。
 

アドバイスありがとう!

 投稿者:s-rooster  投稿日:2018年 1月14日(日)16時11分37秒
編集済
  アタシは、キーたんのようにレーシングの滑りを追求してるわけじゃないし、SAJだとかSIAだとかに特に拘ってはいません・・・30年ほど前に、蔵王のSIAの学校で10日ほど教えてもらったのが最後のレッスンかなー?この時は、フォームをかなり変えさせられました。バッジも貰ったから、アタシの滑りは、SIA風かも…。でも、当時のスキー板は、勿論カービングじゃなかったね。

最近は、カービングの短い板で「シニアの足腰に優しい滑り」に拘ってます、ハイ。

なお、この数年間に、苗場の柏木義之さんとか、木島平のSIA系プロ・スクールとか、ロシュニョールの専属プロ山口圭さんに、ちょっとだけ指導を受けたことがあります。
 

2018-01-14 暴走スキー爺(や)ー8日目

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月14日(日)13時13分35秒
編集済
  あさはかなりの降り、でも晴れてきて滑れました。
海も定山渓方面も雪なのに、朝里川温泉スキー場は
青空の下でした。ラッキー!

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1576031225813087.1073742178.100002186735589&type=3

↓s-roosterさん江
無駄な抵抗はやめましょう。とくにSAJ得意の外向傾は外へ外へと
パワーを使いますのでコロコロと落とされやすいのでは?
 

溶けて凍った後で砕くから

 投稿者:s-rooster  投稿日:2018年 1月13日(土)22時44分54秒
  その通り。群馬県では、スキー場でも日中気温が零度以上になって、ゲレンデ表面の雪が少々溶けちゃうんだよね。新雪が積もらない時は、夕方以降に温度が下がって凍ったコースをキャタビラ付きのグルーミング・マシンが整地すると、キャタビラ部分が掘り返されちゃって、砕けるので、いろんな大きさの氷塊集団が盛り上がりつつできるのさ・・・これを、こちらの皆さんはジャガイモって呼ぶんだよ。そう、キーたん仰せの如く、エッジは全く効きません。色々工夫をして見てるけど、結局そーっとやり過ごすしかないみたい…。  

↓ ジャガイモ?

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月13日(土)18時09分57秒
編集済
  つまり、ジャガイモか砂利みたいのがゴロゴロして、なまら滑りにくかったってこと?
朝里でも下の公認のレッドコースでは時々ありますよ。標高が低いってのが原因???
ゴツゴツして、ゴロゴロするんでエッジが効かないって感じですか?
でなきゃ、???

けさの朝里川温泉スキー場は朝は降らなかったものの圧雪コースは柔らかく、
一般向けには楽しそうだが、我儘爺にはチョイとね!?
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1575019952580881.1073742177.100002186735589&type=3
 

いい雪なんだねー!

 投稿者:s-rooster  投稿日:2018年 1月13日(土)13時52分45秒
  アタシは、かちんかちんの雪の上で、ジャガイモ(知ってるかい?小樽じゃ出来ないだろうから…)に邪魔されながら、群馬県・尾瀬岩鞍スキー場で3日間滑りました。足腰を鍛えるにはいい雪だったかもしれないけど、気持ちよく滑ることはできなかったのが残念。  

雪鳴り

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月13日(土)12時27分49秒
  久し振りにシバレたけさ、スキー場で雪鳴りを楽しんだ。よく鳴り、よく軋みました。
https://youtu.be/r-M5Iom79io
 

小樽情報

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月10日(水)08時37分55秒
編集済
  悪天候続きでどうにもなりませんね、暴走スキー爺(や)ーにとっては!

OtaruStyle 龍宮神社のどんど焼き
https://otaru.gr.jp/tourist/%E9%BE%8D%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%81%AE%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F

小梅太郎の「小樽日記」
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2018/01/post-f5c2.html
 

キーたんには敵わないけど…

 投稿者:s-rooster  投稿日:2018年 1月 8日(月)17時43分28秒
  キーたん、アタシも滑ってますよ。
写真は、1/4のお昼過ぎ、野沢温泉スキー場の上の平ゲレンデのアタシです。
ストックについているオレンジ色の旗が仲間(ナイス・ミドルのスキーツアー)のサインです。年末の志賀高原には、100名以上が集結しましたが、野沢温泉は、23名でした。明日は、尾瀬岩倉スキー場に出掛けます。こちらには、50人以上が参加することになっています。
 

前田森林公園

 投稿者:知ちゃん  投稿日:2018年 1月 8日(月)17時26分1秒
   前田森林公園の住所ですが、
   札幌市手稲区前田七条11丁目2
 です。

 とても広い公園です。
 一体どんな歴史があるのか、ご存知の方はお知らせ頂けたら
嬉しいです。
 

白樺の写真

 投稿者:デレ  投稿日:2018年 1月 8日(月)08時46分2秒
  知ちゃんの白樺林は綺麗に撮れていますね、晩秋から初冬の北海道らしさが
良く出ている風景と思いますね、やはり白樺は寒い時期が似合うなー。
意外と近い札幌市内に有るとの事ですので暇人なので近々行って見ようと
思っていますが鹿でも出たら絵になるかも(無理だろうが!)

話が変わりますが木村一郎さんが一時期体調を崩していましたが、すっかり
元気になり合唱団で楽しく歌っています、昨年10月に市民合唱祭で元気に
出場していましたのでパチリパチリ...
 

住吉神社のどんど焼き

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月 8日(月)05時20分56秒
  一度行って見たいね!
昔、住吉神社の裏門のすぐそばに住んでいたので、見に行った記憶がある
のだが、忘却とは忘れ去ることなり。

小梅太郎の『小樽日記』
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2018/01/2018-e7ab.html

Otaru Style
http://otaru.gr.jp/tourist/%E4%BD%8F%E5%90%89%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%81%AE%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F
 

知ちゃん江

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月 7日(日)05時33分38秒
  大汗ありがとう。いい写真ですね。これからも投稿よろしく!  

初めまして

 投稿者:知ちゃん  投稿日:2018年 1月 6日(土)15時16分25秒
  明けましておめでとうございます。いつも楽しく拝見しておりました。昨年秋に、京都の方から札幌にある前田森林公園の話をお聴きして、偶々札幌の孫の学芸会を見に十一月中旬に息子に連れていって、もらいました。素晴らしい快晴で、ちよっと良い写真が写せましたので、決心して投稿しました。
(ここまで大汗かきました)この日の夜から大雪になりました。これからも投稿出来たら嬉しいです
 

小梅太郎の『小樽日記』

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月 6日(土)05時10分53秒
編集済
  中古パソコンさん、きれいな写真をありがとう。

国道5号線沿いの入船市場跡地
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2018/01/5-ee15.html

冬のちょっとした風景~雪の東雲町の坂と工事中の旧寿原邸
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2018/01/post-ac02.html
 

補足「青い鳥」

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 1月 5日(金)17時49分53秒
編集済
  ちょっとしつこいけれど。
えっ、そんな、「幸せは外に探してあるわけじゃなく、自分のすぐ
近くにあるのに気付くってお話」じゃないの、と思われてきた方に。

青い鳥は自分の家の鳥籠にあって、チルチルとミチルは幸せに暮らし
ました、めでたしめでたし、というのなら原作の戯曲では鳥は鳥籠
から逃げたりはしない結末のはずです。原作では逃げてしまいます。
また、そもそもチルチルとミチルは、自分たちが幸せになるために
青い鳥を探したわけではなく、よその病気の子のために探しに出た
のです。自分の家に青い鳥がずっといておしまいでは、話しが変。

これは昔、翻訳者の堀口大学さんが後書きで「幸福とは外に捜して
も云々、すぐ身近に云々」と書いたのを、「まとめ」や「教訓」が
好きな人々が (自分の頭と感性で考察せず) 鵜呑みにして、そうゆう
教訓話しとして童話や絵本で流布させてしまったのだと推測します。

私も世の大勢の解釈に逆らうのが少し自信がなく、さっきネットで
調べましたら、
五木寛之氏は「青い鳥のゆくえ」で、
"人間は「青い鳥」という夢や希望がないと生きていけない。しかし、
それはつかまえたと思ったら逃げてしまう、永遠につかまえることが
できないものなのだ、と。だから人は、自分の手で「青い鳥」を
みずから作らなきゃいけないのだ"と言っている。と孫引き。

また松岡正剛氏は「千夜千冊」で、
"よろこんだ3人(チルチルとミチルと病気が治った子=注はc-cat)が、
よかった、よかったと鳥に餌をあげようとすると、青い鳥はさあっと
飛びたち、どこかへ逃げていった、とさ。
 さて、あとは諸君が考える番である。"

と書いていますね。
 

年が明けました。

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 1月 5日(金)07時07分52秒
編集済
  新年おめでとうございます。
皆様は、どんなお正月を過ごされていますか。

中古パソコン氏の「幸福の青い鳥」。
年明けに相応しい縁起の良い画像の投稿でありますね。
今年一年、皆様と幸福とが共にありますように。

メーテルリンクの「青い鳥」。チルチルとミチル。
小学生の頃読んでみましたが、難解で理解ができない本
でした。堀口大学訳の本だったのかは覚えていません。
ハッキリ云って、子供が読んで判る本ではないですね。

大人になってちゃんと読んだ人はお分かりのように、
そもそも童話ではなく戯曲ですし、一般に思われて
いるような「幸福は外を探すよりはみじかなところ
にある」という格言的な話しでもないと思います。

チルチルとミチルは、自分たちのためではなく、
頼まれてよその病気の子のために、青い鳥を捕ら
える冒険の旅に出ますが、見つけられず自分の家
に戻って自分の家の鳥籠に青い鳥を見つけます。
その鳥を病気の子にあげて、病気は治るのですが、
鳥は餌をやろうと籠を開けると、飛び立ってしま
うんですね。逃げてしまうんです。

劇の最後に、役者は観客に呼びかけます。
「どなたか青い鳥を見つけたら捕まえてくださいね」と。
この戯曲は、人生における「幸福探求」の常日々の
継続のありようの話しではないでしょうか。
たぶん、チルチルとミチルもその後の人生において、
幾度もまた青い鳥に出会い、飛びたたれ、また見つけ、
そうして年を経ていくに違いありません。
私たちの人生もそのようなように。

年頭そうそう脱線的な投稿ですみませんでした。
 

幸福の青い鳥

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 1月 4日(木)16時03分13秒
  タゲリ  

幸福の青い鳥

 投稿者:中古パソコン  投稿日:2018年 1月 4日(木)16時00分42秒
  明けましておめでとうございます。
今日から初売りですが、来客無く暇で昨年の干支を本年も投稿させて頂きます。
懐かしいです雪の住吉神社、俺、潮陵へ入りたくて目覚ましに夜中合格祈願に、ラッセルして
行ったことが忘れられません。人生で一番勉強したかな?
幸福の鳥、ルリビタキ、4枚、鳥の貴婦人タゲリ、2枚掲示します。
ルリビタキの雄は、立派に青くなるまで3年かかるそうです。4枚の内2枚は雌だと思いますが
1年生の私には分かりません。3800円もする図鑑まで買ったのですが。
沼へ池、公園へと通い続け12月30日にゲット出来ました。粘りと運、それと稲沢先生、碓井君
の情報、撮り方のアドバイスです。まだまだお二人足元には及びませんが批評御願いします
次のターゲットは、?鳥ことミコアイサ、ウソ、を撮りたいと思っています。
本年もよろしくお願いします。

追伸
私が出した賀状の1枚か2枚、夢中になってと書くのを無中と書いて有ります。お詫びして訂正いたします。
 

住吉神社に行くも長い行列が…

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月 3日(水)05時10分54秒
編集済
  小梅太郎の『小樽日記』
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2018/01/2018-62e6.html

【追加】
水天宮へ初詣
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2018/01/201812-bc05.html

【更に追加】
竜宮神社へ初詣
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2018/01/201812-5509.html
 

おせちの残りです

 投稿者:s-rooster  投稿日:2018年 1月 2日(火)21時25分14秒
  孫たち(来たのは、たった二人)の大騒ぎで、とても写真撮影どころではなかった大晦日と元日が過ぎて、今日はオカーさんと二人だけの静かな食事になりました。お昼はおせちの残りに加え、お雑煮も食べましたが、夜はおせちの残りをワインに合わせてみました。タイの昆布締め、伊達巻、黒豆、数の子、ホタテとあさつきの吹き寄せ、みんな私が作りました、ハイ。とっておきの、ピノ・ノワールも開けてみました。
明日は、2回目のスキーに野沢温泉へ出かけます。
 

昭和33年の小樽のスキー風景

 投稿者:きー坊  投稿日:2018年 1月 2日(火)07時56分41秒
  こんな昔が懐かしいかな!?
https://www.facebook.com/otarucity/?hc_ref=ARSisIKWX4nWCi3OYbMIj5aplBi95K5MskjlktcepDMj-GNKzI9EOT3EnjhdyUUGuAQ&fref=nf
 

レンタル掲示板
/182