teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:93/5465 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

くそ真面目に「人生と時代と経験」に想うこと

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 7月 8日(日)20時17分15秒
  通報
  自分がすぐに死ぬとは思ってはいないのですが、
同年代の友人や知人が相次いで鬼籍に入っていく
のを知るにつれ、お前もそんな歳になっているん
だぜ、と暗に囁かれているような気にもなるもん
ですね。

最近では、ニュース等で有名人などの訃報に接し
て、死因のほかに享年(天が与えてくれた寿命)を
確認してしまいます。昔の自分の感覚とは多少
づれていて、60歳代なら「まだ若いのに」、70
歳代で「ちょっと早いなぁ」と。80歳代も後半の
お歳で、やっと「そんなものかな」と感じます。

「人生は短し、芸術は長し」はよく云われる言葉
ですが、これは本来ラテン語でヒポクラテスが
言ったという「 Ars longa, vita brevis. 」 。
(もちろんネットで確認しました。私がラテン語
など書けるはずがない)
ヒポさんは医学の父ですから、本来の意味ならば
Ars は(医学の)技術を指す言葉だったのでしょう。
ともあれ「人生は短し、芸術は長し」は、この歳
になって、しみじみ沁みる言葉ではあります。

うだうだと馬齢を重ね、漫然と生きて来てしまった
私ですが、近頃は人生と時代と経験というような事
をいろいろ思う事があります。
戦争経験のあった世代が消滅していき、かろうじて
敗戦直後の雰囲気を経験した我々世代も既に高齢者
となっていくことへの、少なからずの危機感もある
のだと思います。

時代と経験というような事を意識して考えるように
なったのは、少し以前のあることが切っ掛けでした。
それを書くと、またまた長文になること必定なので、
そしていまは店のライブ中で、受付の椅子でさぼり
ながらパソコンを使っているので、一旦停止しよう
と思います。
明日と明後日は、店の連休で(その後はうっかり月曜
休みもブッキングしてしまい30日まで休みなしです)
暇な時間に「時代と経験」とについて書きたいと考え
ています。面白くもない話題ですが、すみません。
興味の無い方はスルーしてくださいね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:93/5465 《前のページ | 次のページ》
/5465