teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:107/5442 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

旅行途上にて

 投稿者:c-cat  投稿日:2018年 5月30日(水)07時06分47秒
  通報 編集済
  現在、船はギリシャのカタコロン港からサントリーニ島へ
洋行中です。人工衛星のWiFiでネットに接続しています。
現在時刻:5月30日(水) 0:05 EEST サマータイム中

11日間の旅程もほぼ半ばとなりました。
成田からの飛行機はアラブ首長国連邦のエミレーツ航空。
ドバイで乗り継ぎのあと、一路ベネチアへ向かいました。
イラク→シリア→トルコ→ブルガリア→セルビア→
ボスニアヘルツゴビナ→クロアチアあたりの上空を飛行。
いつの時代も紛争の多発する地帯ですね。セルビアには
コソボも含まれますし。

ドバイからは窓際の席でしたから、たまに眼下の大地が
見えるときは、どこかで紛争の煙でも上っていないかと
(馬鹿げた思いですが) ぼんやり眺めていたのですが、
むろんそんなものは見えるわけがなく、ただただ大地が
広がっている光景が模型のように展開するのみでした。

それぞれの紛争や戦争は、当事者にとっては大義と逼迫
した事情あってのことなのでしょうが、上空から俯瞰し
て見ている一旅行者の眼には、なぜにこの大地上でその
ような悲惨が繰り返されるのかと、悲しい愚かな人間の
行為にふと思いがいったりもしました。

日付が変わっての昨日、5/29(水)にオリンピア遺跡を
観光しました。オリンピックの聖火の点火をする場所
や、各競技場や神殿の跡や、遺跡の博物館などの見学
でしたが、面白いエピソードを知りました。

古代オリンピックの競技場に入る道の片側には、かつて
は優勝者の彫像がずらりと並べられていたとのことです。
そして最後の入場口間直の所には、卑怯な競技の違反者、
つまり賄賂を使った者、違反の武器や道具を所持した者、
ドーピング(あったのか?)をした者、ルール違反をした者
の名前を彫った石碑が置かれており、入場する選手たち
は、皆この石碑に唾を吐きかけてから入場していったの
だそうです。

なんだかイイ話しに思えたのです。
スポーツのみならず、現代の様々な場面にも復活させた
い習わしのような気さえしました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:107/5442 《前のページ | 次のページ》
/5442