投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


昨夜は

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月26日(金)09時02分4秒
返信・引用 編集済
  母校の大学で稽古。
同級生の大字と久々に。
研修医の洋介とも毎週大学では稽古してます。短い時間だけど。
一年は3人。福島県安達高校、群馬県前橋高校、東京の巣鴨高校から。2人は剣道歴12年。いい稽古相手になります。
他大学から二年生に今春編入してきた、小学生時代洋介と同級生で戦ってた松戸市内のT君が見学に来てたので、ちょっと昔ばなしなんかしました(^○^)
懐かしい顔が見れたから、気分も良かったな。剣道再開してくれると、もっと嬉しいけどね!

鳥谷選手出て来て、ホッとする(^。^)
 

昨日は、新メニュー

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月25日(木)07時55分54秒
返信・引用 編集済
  稽古は5時開始。
本当は最初の30分は初心者のための時間なんだけど、
来て欲しいレベルの子は来ないし、新入会員は今のところまだいません。
北島兄弟、春之介たちがその時間から来館してます。
5時30分になると大体揃って来ますが、遅れる子はいつもさらに遅れて来て、いきなり面付けの稽古から始まります。
うるさくは言いません。六年生になる頃には時間を守るようになりますから。

スタートは、特練部のメンツだけだったので、
新しい技の練習を3種類もしました。
内容は秘密ですが、私の得意だったハメ方かな。
覚える子は早いです。すぐ自分のものにします(OvO)
普段、勝つための駆け引きをなるべく教えないようにしているので、この技の稽古メニューは道場始めてからも初めてです。
つまり、自分の子供達にも教えていませんね~。彼らは今はやってるけどね。いずれはやり始めるということ。

まあ、でも普段の地稽古では私にこれをやられてるはずで、それゆえ飲み込みも早いのかなぁ。
出来ない子は勿論何人かいて、でも、ほっとくのが自分の流儀かな。出来ないのは今は出来ないだけだから。

6時半からは、中学生が集まって来ます。
学校から直接道場に来るのが早い子はそうさせてます。無駄に死んでる時間がもったいないから。
中学生には時間の使い方から教えたいと考えてます。
道場には学校とは別に防具が置いてありますが、まだまだ着替えるのが遅いな。

小学生の元立ちで身体をほぐし、
いやいや必死で地稽古かな(^○^)
私とガチンコ勝負して、最後に一本。昨日は五分以内に一本取れなかったら、懸かり稽古。いざ勝負!
凌輔には打たれたから、そのまま蹲踞。
あとは、時間切れ懸かり稽古。ヘロヘロにしときました。
それを見ていて、並んだ列から離れて帰る支度をした(逃げた?)人がいたことも付け加えて置きます。

8時ちょっと前に終了。松風館には行けたけど、小一時間打ち続けたので、自分もヘロヘロ。シャワーして家飲みになりました。

朝は、小学校検診で10クラス、300人超を腰を屈めて診ました。4時間ぶっ通し。これはハード。
お昼ご飯は、給食の試食。
オフィスに帰って、祐輔の診療に合流。2時間弱。
その後、孫を見ながらちびっ子指導という1日の流れ。

新メニューは、あとは各々やるでしょうから、昨日の得意技伝授は今回で、おしまい。
今、この技は自分の試合では、もう15年は使っていませんネ。でも、結構いけそうだから、機会あれば打とうかな。

ちょっと今回の審査失敗で悟った部分があって。
八段受審だから、こんな技を!って考えてるのをやめた。
自分の個性。一番得意なところ、って。自由にやることにした。それで評価してもらいます。

 

6月11日は講習会があります

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月23日(火)16時00分40秒
返信・引用 編集済
  子供達1チームを連れて、栃木県まで行って来ますので、私は不参加です。

東日本伝達講習会の千葉県伝達講習会の松戸市伝達講習会。
つまり、全剣連から県、さらに市へ、言われた通りに同じ内容を伝える講習会です。講師の先生が派遣されて地元で講習をするんですね。
ルールの変更があった場合などは受講生は増えます。

講師の先生は、個人的な見解は入れてはならないのです。ついつい私見ですが、、ってなりそうになります。ダメダメ!

好きに語れる講習会なら、無報酬でも喜んで引き受けます。
まだ、一回しか呼ばれたことがありません。(八段でないとよっぽど有名でないと呼ばれないですね)
「剣道に役立つ歯科的知識」の題名で、数年前に某市剣道連盟より。勿論、講演のあとは稽古付きで、とっても楽しかった(^○^)

伝達講習会の講師は、2回やりましたけど、、、
土曜日仕事休みにして、(つまり休診にして)、
1日がかりで上の講習を受けに行くでしょ。
要項通りに伝えるストレスは、私達自由人には大きすぎるのです。
地元での講師の報酬は5千円なんですね~(;_;)
順番だから行って来いって感じだし。。

講師要員の伝達講習会だけは、行きたくないな。
土曜日仕事休みの方とかにお願いしたいですね。
2回やったからもう勘弁して。。お願いしますm(_ _)m

今年も、3名の七段の先生が派遣されて講師を担当されます。本当にご苦労様ですm(_ _)m

参加希望の一般会員の方はご連絡下さい。
 

自分の稽古は、まだまだですが、始動しました

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月22日(月)08時06分43秒
返信・引用 編集済
  子供達の稽古相手に朝から久々に防具を付け、
懸かり稽古の元立ちを30分ほど、こちらも動いて打つ懸かり稽古なので汗びっしょり。

それから、渉を連れて、市川動植物園へ。
晴天の中、ヤギさんと遊んでる以外は抱っこだったので(TT)汗びっしょり。

帰ってから松風館へ。
五月は初めて。やっと自分の稽古を始める気になったかな(笑)
でも、うわてとの稽古は久保田先生とだけ。床下から日差しが入って見にくいのがずっと気になってしまいました。
アキレス腱は、やってる時はやっと気にならなくなってきたみたい。終わった翌日は張りがあるけどね。
あとは、ずっと元立ちだったので休む時間が無く、汗びっしょり。

帰宅後、道場で強化部と中学生と40分。中学1年生4名が、急に強くなってきた感じ。体つきが変わってきたから。こちらも、精一杯なので汗びっしょり。

ということで、アンダーシャツを1日4回着替えることに。

夏到来って感じですね。
今週も頑張って下さい。
 

小学生の竹刀

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月19日(金)15時20分43秒
返信・引用 編集済
  竹刀の長さは、
「脇の下の長さより、短い竹刀を使う」。
小学生の時に姫路警察署少年部の先生がたに教わりました。

では、上手になってきて、どう竹刀を変えていくか。これはちょっと難しいですね。
大会では小学生は36以下。中学年は37以下で重さの制限も付きます。
(普段の稽古ではこの制約はありません)

ひとつは、学年による方法。
高学年は36、中学年は34、2年生以下の低学年は32が、オーソドックス。中学生になったら37。

しかし、打ち込む力が強くなってくると、この学年分けによる竹刀の選び方では、竹刀が長持ちしません。

竹刀は、割れる頻度が高くなったら、もう一つ上の竹刀に変えていくのが経済的でもあります。
私は小学6年生には、夏の大会が終わると原則37の竹刀に変えるように指導してますが、身体が大きすぎる場合は、小学5年生にも37の中学生用竹刀が良いと思ってます。逆に非力だと感じる場合はその逆もあります。

竹刀を長くしたり、身長が急に伸びたりすると、間合いや技の冴えやタイミングがブレたりしますので、
竹刀を変える時期としては、試合シーズンの谷間のような、ちょうど今の時期なんかが良いと思います。

水曜日は個人優勝者に竹刀をプレゼントしました。
今回は5名でしたが、ちょっと奮発してバイオ竹刀にしました。
市民大会個人戦は、
小学生は、12名が5部門に出場。優勝4部門(2年生以下が負けてしまいました)。3位が3名。残念ながらメダル無しは4名と1/3ですね。

中学生以上は、9名が5部門に出場。優勝は1部門のみ。2位2名。3位が2名でした。メダル無し4名。

今回、私立中学受験をおえて二月に復帰。稽古回数も増えてきた秀が初めて決勝まで進出。凌輔には僅差で敗退、先月の月例では勝ってたのにね~(TT)
祖父は、故 島田辰夫先生。岩立先生と同じ高校の剣道部同級生で、ご生前は剣幸会でよくお稽古して頂きました。うちの息子たちは勿論、今社会人になったばかりの面々達くらいまでは特にお世話になりました。
そういうこともあって、吉井君が中学1年生の部で決勝戦に進出してくれたことが、まあ、自分にとっては、一番良かったニュースだったかも知れませんね(^○^)
今まで入賞したことも無かったのでm(._.)m
 

来年度以降の方針変更

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月17日(水)09時57分37秒
返信・引用
  最近、市内大会と道場連盟の全国予選や全国大会が重複します。
ここ数年、地元大会行事を最優先し、全国予選団体戦などを棄権するのが続きました。
春の市内大会団体戦は、五市大会の選手選考を兼ねています。地元行事を最優先するべきだというのは、自分の方針だったこともあります。

しかし、来年度からは方針を変更し、
重複した場合は全国予選にもチームを送り、大きな目標を追いかけたいと思います。
市内大会は残ったメンバーで出場ということに改定します。

地元行事に固守するのも、そろそろ卒業でいいかなぁと。道場のレギュラーを張る子達にはもっと夢を持って飛躍させるのも大事かと。
残ったメンバーで戦ってもそれなりにやれるように勿論努力いたしますm(._.)m
 

剣理3 兀々

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月16日(火)17時17分23秒
返信・引用 編集済
  兀々(こつこつ)しか、ないんですね。
近道もない。大記録と言われるものも積み重ねですね。
西川きよし師匠が昔から言ってました「小さなことからコツコツと」

この時期、五月病とか、大きな目指していた大会の後なんかに見られる、いわゆる燃え尽き症候群。
うつ状態とか無気力状態とか適応障害とかの言い方もしますが、そろそろ、そう言う時期でもありますね。

長ぁ~く続けていく間に、実は皆んなこれを経験するんです。
私の場合、都道府県大会に初めて出た後、自分の目標が無くなり、ほんと何にもしたくなくなっちいました。でも、翌日には京都大会にエントリーしてたから試合はやりました。帰ってから、自分の剣道だけでなく、ちょうど道場も完成したのを機に、予定して無かったチビっ子教室を始めたという感じでした。

上手く行かなかった時に、
ヨォーし!と次に気持ちが向かう場合と、気力が失せる場合があります。どちらも、良くないと思います。

次は!と強く思う場合は、やり過ぎて故障しがち。また、次にもダメな可能性が高いのに、次回の落ち込みが大きいですよ。
やはり、マイペース、自分のルーティーンを崩さないことです。

やる気の無くなった場合。ただ、一生懸命は無理でも、ただやるということが大事。剣道なら道着に着替える。竹刀を持つ。それで良いです。
そうすると、このやる気の無くなった大きな壁。少しずつ乗り越えることが出来るんです。
唯一の方法。ただやる。またとにかく淡々とやる。

そうしていると、なんと、知らない間に、いつの間にか峠は越えられて、一皮剥けた自分に出会うことが出来るんです。

これを知らないと、大きな壁を前にして中断。
そしてまた興味のありそうなものを探して、暫くは夢中になり没頭。いいものに出会ったと感じます。しかし、、
また、必ず同じように壁にぶつかります。越えられず中断。兀々という超え方を知らないから。。
また、この繰り返しになるのです。

一旦、無気力になったとき、期間を決めて休養したら、期日には、ゆっくり再出発する!これを一から出直すというのでしょうかね。
これが、人生最高の乗り越え方なんじゃないかな。
だから、一芸は万事に通じるという由縁かな。

剣幸会の旗には
仲良く楽しく正しく 生涯剣道
と、あるのは、生涯剣道が目指すところなんです。
そして、その方法が
仲良く楽しく正しく!ってことで、兀々が隠されいます。

進学などで環境が変わり、剣道やらなくなった話が出ると、
自分が教えたかったことは、伝えられなかったな。。
と思ってしまいます。
長い年月をかけて伝えられなかった理由には、学校剣道による勝負への燃え尽きも一因ではあるでしょう。
実は、本当の剣道はその壁を超えたそこから始まると思っています。

だから、自分は幾つになっても、人数が足りなければ試合のメンバーに入って一緒にやることに賛成です。
段位や年齢が違うと剣道の価値観も全く違いますので、いい試合にはなりませんが、出なければ良かったと思うことは無いですね。
いつも、ちょっと反省して進歩した気になります(^○^)

坐禅の「兀兀地」は、もっと深いものなんでしょうが、私達は剣道でこれを学ぶことが出来ると思ってますし、坐禅をされるかたは、その方法で、その境地に達すると考えてます。
 

市民大会団体戦

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月15日(月)18時25分29秒
返信・引用 編集済
  一般の部は、ABの2チーム。
Aチームは前年度優勝団体に一本ビハインドの大将戦、旗が2-1に割れて惜しかったです。
Bチームは今回の優勝チームにやはり一本ビハインドの大将戦で1-1引き分け惜敗。
勝負に拘れば、覆せる感じはしますが、あえて拘らないで楽しんで両者試合をしていると思います。
まあ、それでいいかな。市民大会だから。

今回も、同門決勝を狙いましたが、あえなく両チーム敗退し、松警さんが同門決勝。ひので剣友会以来かと思いますので20年以上振りくらいではないでしょうか。

ABチームをどうやって決めているかというと、うちの場合は、世代と繋がりで決めています。
高橋と川津は高校・大学と同級生。洋介は高校の後輩。洋介と谷澤は小中学生時代いつもチームを組んできた仲。
山下は医学部で、今井の兄と高校・大学が同じ剣道部、今井は福島の後輩。山下と國井は同期。などなど。
そこに新大学生の山田を入れた布陣。
だから、Aが強いとかBが強いとかで選んでいる訳ではないのです。どちらのメンツとチームを組みたいか?を考えています(^○^)
今回は、両チームの力はどちらが揃っていたか分かりませんが、Bチームが3位でした。

小学生も一本ビハインドの大将戦で松警さんに惜敗。
両者に8本と沢山旗はあがりましたが、
普段出場している大会基準の審判なら、一本のわざは両者で合計3本位でしょう。次鋒のメン。中堅の一本目の引きメンと大将の最後の相メン。あとは足りないか当たってもいませんでした。子供達には可哀想な試合。でも、勝敗は、1対2で松警の勝ちが私の見解かな。
勝負は先鋒が最初から最後まで下がった試合をした時点でうちの負けですm(._.)m

 

本大会の選手宣誓

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月15日(月)08時47分5秒
返信・引用
  北島悠太が大役を努めました。
個人戦も3大会ぶりに優勝しました。
 

小学3年生部門

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 5月15日(月)05時25分35秒
返信・引用
  小学生女子は今、ユイちゃんひとりだけですが、今回も優勝してくれました。春秋春と3連覇。
優太は、秋春秋春とこれで4連覇になりました。でも内容は下がって抜いて勝とうとする試合が多く、今までの優勝の中では褒められた内容ではありませんでしたよ。
 

/204