投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


昨夜は

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月22日(金)15時09分34秒
返信・引用 編集済
  久々に
倉澤先生に稽古をお願いしました。
倉澤先生が1時間以上元立ちされて、ちょっと疲れたところに掛かっていった筈、、、
ぎゃチェンジされて、手も足も出ず(;_;)

強すぎて、呆れるしかないですわー(-.-;)y-~~~
70歳代がみんな異常に強い。
剣道の深さを感じざるを得ませんm(._.)m
 

昨日の大会は、

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月19日(火)17時24分2秒
返信・引用 編集済
  武蔵館にダブル敗戦でした。
武蔵館Bが優勝。
新松戸チームは武蔵館Bに敗退。小学生のリードを鼓太郎敗退で追いつかれ、大将決戦で凌輔負け。あくびしてたから、リラックスし過ぎかな。
どちらかが引き分けで良いのにね~
そうさせないところが相手の素晴らしいところですかね。

道場チームは、二試合目に巧望が大将戦2対1で追いつき、引き分けポジション再戦の輝莉が代表戦で勝利。
3試合目に武蔵館Aと対戦、後ろ2人の中学生が負けて大将戦敗退でした。武蔵館Aは三位。

相手の中学生が強かったということなんです。
小2、小5、小5、中1、中1が新松戸チーム。
小3、小4、小5、中2、中1が道場チーム。
どちらも、学年が全て1~2歳下で編成。
次年度用チームでの参戦でした。
負けても構いません。そんなに勝負は甘くないから(笑)
輝莉の代表戦勝利もあり、ちびっ子達の成果は、まあまあかな^o^

そんなことより、来月の第4日曜日。
厳心旗総和大会と千葉県民大会なんですが、
衆議院選挙の可能性が急浮上。
どちらの大会も選挙開票所です。

もし、中止になりましても、
錬成会などのお誘いを待ちますから、予定は空けたままでお願いしますm(._.)m
 

今日は久々に

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月18日(月)09時19分50秒
返信・引用
  低学年1、高学年2、中学生2の混合団体戦です。
埼玉県に2チームお邪魔してます。
2チーム、力は同じくらいにオーダーを作りました^_^

開会式前の写真が送られてきました。
凌輔は眠いのかな?
他のメンバーはいい顔してますね!

私は今日はお休みを頂いて、ご父兄の方々にお任せして、溜まった事務仕事をしますm(._.)m
 

船橋近隣

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月17日(日)13時03分44秒
返信・引用
  中学校女子団体戦
主将で大将の咲朋ちゃん
第3位入賞でした^o^
 

中心を

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月17日(日)05時02分8秒
返信・引用
  左手だけで取るというのは、凄い威力なんですね。
ぐうっと、小指薬指に力を入れて、この二本指だけで勝負する感じにすると、
何故か攻め返し負けをしなくなるんです。
たまにだけ、出来ます。これが正しいのかどうかは分かりません。

その意識も持ってはいけないと思っていますから。
無心でないから。
攻めることは意識しても良いと考えてます。それに呼吸を乗せて集中力を野生化して感覚を研ぎ澄ますというのが、今のところの自分の理想論です。


ついつい、
右手を攻め合いに使ってしまうと、瞬間的に利用されて中心はブレブレに。
でも格下とはこれがやりやすいのです。

I立先生の右手の手の内は、ほとんど握ってないように見えます。隙間あります。
いつもその隙間のさじ加減を覗いているのに真似できません(笑)


剣先を右斜めにに振らないための工夫をしているんだけど、それでも、いつも右に上げるとアドバイスを受けるわけ。瞬間的に癖が出るのを直すのは至難の業です。

子供の頃から、より真直ぐ打つということが大切ではありますし、自分もそう教わってきたはずなんです。
試合を続けているうちに、少しだけ守りながら技を出すのが、無意識に癖になってしまって、
これを有意識にも直すのが無理なのです。

真直ぐ振ることを意識するのではなく、
真直ぐにしか振れないように竹刀を握る(K保田先生)
そういう癖を何とかつけられば良いということになりますが、これが極論でしょうかね。
出来ないけど。。
 

打ちが軽いことの修正

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月15日(金)21時56分59秒
返信・引用 編集済
  ちょっと真剣に考えてみます。

ちょうど、うちの五年生5名は全員いまいちなのでその原因を考えてみます。

まず、いつも一本にしてもらえないケニー悠弥
抜群の身体能力がついつい邪魔してしまう。避けながら打ったりできてしまうから(笑)
身体が前傾しようが、癖の左側に弓なりになろうが、部位には当ててしまう!
しかも、いつも物打ちの部分(芯の部分)ではなくて、竹刀の先っちょが当たるんですねぇ。残念(´;ω;`)

フェンシングならランプがついてポイントなんでしょうが、剣道のいっぽん(有効打突)の基準は、
充実した気勢で、……(中略)……残心あるものとする。


これは、試合での基準になるが、理想の一本というのは、
さらに、
打つべき機会とか、姿勢・態度、気位、品、なんていうものも加わるから。
夢のような一本というのは、実は、本当に素晴らしいものなのです。
八段の打ちっていうのかなぁ。<つまり自分はまだ出来てないということかな>

つづいて、友稀
大きな体から、時々、ほんとに時々ではあるけれど、もの凄いしっかりしたメンやコテを打つことがあります(;゚Д゚)
でもほとんどは、ちょっと遅れて迷って打つから先に打たれちゃいます。避けてから打ってるか、後から打ってる(´;ω;`)
勢いがあるうちは迷いが無いということですね!!
でも、ただ打ちに行っても、起こり頭を打たれるから、
強く打つことだけを考えるてしまうと、相手の思うつぼでしょうか。だから難しいんだね!

さて、慶治も似たような感じかな。
最近、稽古では、いいメンが出ます。友稀よりは軽いかな。
最も残念なのは、2~3本、自分が打たれたあとなんですねぇ(´;ω;`)
稽古では打たれても続くけど、
試合では、、、三本勝負で先に2本打たれたら終わり。その続きは無いから!!
スイッチを最初から入れる必要がありますね。左足が最初休めじゃなくて、何時でも打てる準備が欲しいですね。
休めから打つと、左足が撞木(外開き)になってるから、ど真ん中より右に身体が出ちゃう結果、自分のど真ん中は空くわけです。

ゆうと。大きな身体は友稀の次にでかく、打ちもかなり強い。
しかし、、、薪割りのような打ちから脱皮できません。稽古量が少ないからだけど、空振りすると床まで竹刀が当たりそうですね(´;ω;`)
今はそれでも良いと思うけど、
これからは、両ひじをしっかり伸ばして、打った瞬間に竹刀を一瞬握るコツを覚えたら、強くなるんじゃないかな。
姿勢は一番いいから。崩れないんです。崩せないのかな、ちょっと傾くと転んでしまいそうでもあるから(笑)

そして、悠太。気合いは五人中ダントツで一番。ここが素晴らしいので負けても負けても大将にしてます(笑)
技を一本打つまでに、色々攻めたり感じたりする感性に優れていて、運動神経も抜群。
姿勢も悪くないが、意外と自分の欠点を知らない(´;ω;`)
今という瞬間は、相手にもあるので、勝負する瞬間を間違えることがありますね。
器用すぎて、ちょっとドンピシャより、ほんの少し遅れて打ってる感じですかね。感じてから反応する部分が負けない良さでもあり、減点にもなります。
反射の素早い打ちは、とても高度であり理想なんだけど、打ちの強さとすると50点位のちょっと足りない打ちが多いんですね。
たぶん、相手の読みの部分においての迷いが消えたら、打ちはもっと良くなると思いますよ。

気迫、姿勢、手の内、竹刀の握り、打つ機会、気持ち、思いっきり、竹刀の芯で打つ、刺して打たずに小さくても上から下へ(万歳しない)、打った瞬間の竹刀の握り、踏込の強さ、心気力の一致、気剣体の一致、勢い、、、などなど。
基本的なことを正しくすれば打ちは強くなるはずです。

しかし、
左足を早く引き付けるということができれば、
腰始動て姿勢も勢いも良いはず。腕もしっかり伸びて目線も良く、一番問題視される迷いもないことでしょう。
また、打突部位にしっかり届かせるのはのは、左手だけの振りではなく、冴えを出すのは右手を含めたさじ加減。微妙な打突部への距離感。

つまり、この二点ができるようにやれば。しっかり強く打てているということなんじゃないかな。
以上、前ブログの追記でした。

http://

 

先々週の水曜日

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月14日(木)11時21分27秒
返信・引用 編集済
  強く打つには?

という課題が出て、自分ではコレ!と思う2点を
レポート用紙に書いてイワタテ先生(濁らないのが正しいんだ)に出してきました。
金曜日に剣道時代の小林さん(多分編集長かな)が取材に来るからということで、
みなさん提出されてました。
そのうち、剣道時代で特集があるでしょう。

私はどの二項目を書いたかというと、

1.踏み込んだ足に、左足を素早く引き付ける。
2.左手だけじゃなくて、右手も使う。

です。
色々項目をあげると沢山あるはずです。
私の剣道ノートにもいっぱい書いてあります。

しかし、
どの部分で他の人と差がつくのか?
って考えたので、こういう回答になりました。
大先生達の意見も多分記事になるでしょう。

なんか楽しみにしてます^_^
 

市内大会 小学生団体戦組み合わせ

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月12日(火)21時08分37秒
返信・引用
  組み合わせ抽選会に出席して頂いた方々、ありがとうございましたm(._.)m

月例に出席しない面々は、原則、個人戦もエントリーしません。
自分で防具が着けられて、部内戦にも参加することが対外試合の条件になります。

最近は、月例を日曜日にやったり、曜日を固定しないで工夫してるんですがね~ (-.-;)y-~~~
13人のエントリーになりました。
 

昨日は

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月11日(月)12時21分3秒
返信・引用
  全日本東西対抗、
関東学生、関西学生、などなど
大きな行事の日なので、子供達の大会や学校の部活動もどちらかというとオフに近い状態だったでしょうか。

うちは、通常の稽古で稽古時間は朝夕の二部練。いい強化ができたかも。
夜は中学1~2年生が6人。
小学生の指導稽古ができて有難い環境です。
今週も岡村先生がお見えになりましたが、小学生には遠慮してもらって、中学生以上でお願いしました。
洋介には小学生中学生とお願いして、私と三本勝負。
全く私が触れず終了。強くなってますね~。

午後は松風館に出稽古してました。
流石に審判や福岡東西対抗のため、八段どころはごっそり不在でしたが、門下生はいっぱいでいつも通り。
K八段が指導の指揮をとられました。

どこの稽古会に行っても、八段と古手の七段が元立になるので、なかなかやりたい人と自由にできる雰囲気じゃないものです。

段位や年齢関係なく、次に並んでる人とやるルール。2分半の稽古でした。連続して2回ずつやることになります。
自分がやりたい人の後に並ぶと、より有意義な稽古になります。
子供達にはこのルールでやることが多いです。
大人の世界では、先輩の上座に立つことをタブーとするのですが、順番にやるルールを決めれば有意義な稽古になることが分かりました。
回り稽古もいいのですがね。続き過ぎると集中できないから(-.-;)y-~~~
みなさん、ほぼ同じ回数、同じ時間の稽古なんです。
こういう平等性は七段以下の場合は有効ですね!

 

今週は

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年 9月 8日(金)08時56分31秒
返信・引用 編集済
  学校も始まり、生活リズムにも変化が出ますよね。
私の仕事は、この時期忙しくはなりません。ゆったりしてます。
秋の昇段審査の申し込みの時期。10回目になるな。
3ヶ月をきった日本武道館に向けて、そろそろ気持ちをあげないと!

何だか天気も悪くてねぇ~
昨夜は渉(孫)がお泊まりとのことで、出稽古回避してスシローに行く予定に変更。中学生達と時間延長することにした。
さあ~、スシローと思ったら、寝てしまったのでお出かけ中止。

渉の昨日のメンメンの気合は凄かったし、長かったぁ~疲れたかな(^_^)

TVで三夜連続して逆転負けを見届けるはめになる(>_<)
3つ勝ってた試合を全て落とす。今シーズンの大一番三連戦。もう広島カープの執念に感心せざるを得ない終盤の強さです。まだ神ってる。
こういうのが自分に欲しいんだな(o_o)と思ってしまう。

水曜日は、最初に岩立先生、最後の方に久保田先生にかかり二本お稽古を頂いてきました。岩立先生待ちに30分使うから。でもこの二本なら十分なんです。

この前お二方から指摘されたことを意識。
終了して、前回とは違うアドバイス、進化か?諦めか?(笑)
次の課題は自分の得意とする分野だと思ってるので、
いけそうな気がする(???)

今回こそ、身体のケアを大事にしたいと思う。
そこが原点。これなくして実力発揮は不可能。
DMは先月からインスリン量を増やして少しデータが改善へ。
身体の張りが関節を引っ張る自覚がありますが、これはプロに任せてます。
いつもここを失敗して仕上げられなくなるから。
9回中8回は故障したから、
昨年秋以来の2回目の体調ベスト受審が目標!

いつも通りの稽古量で、内容を濃くして仕上げるつもり(-.-;)y-~~~
 

/211