投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今日は、高崎先生の95歳誕生日会

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2018年 1月14日(日)21時11分34秒
返信・引用 編集済
  全剣連 功労賞 のお祝い
松風館道場の新年会
3つの会でした。
勿論、お稽古付き^_^

私は、本年第一回目の
うわてに懸かる稽古は、高崎先生にしました。

さて、95歳の範士を打てるのでしょうか。。。

実は、触ることもできず終了しました(・・;)

高崎先生の挨拶の中で、
星野さんの殿堂入り時の話がありました。
あぁ 高崎先生も野球の星野氏に一目置いていたんだ、と思い、
なんか、嬉しい気持ちになりました)^o^(

高崎先生の心を竹刀で動かすことなど、
できるはずもなく、(人生に何にも思い残すことが無いと、おっしゃてます)
ゆえに打つ機会など全くない訳。

しかし、凄いところは、そこから、先をかけられて何本もコテを打たれてしまったこと。
倉澤先生にしっかり見られてました(-_-)zzz

私の出身道場の長野先生(弟の武大範士)が、高崎先生と茨城県在住時代、剣友だったこともあって不思議なご縁です。
また、武大先生から、岩立先生には
「福島がお世話になってます」と
お話しも20年以上前に話がついていて(前にも書いたと思う)
なお、未だ不甲斐ない自分にちょっと反省しました(苦笑)

今年は、預かってるちびっ子達も、もう直ぐ6年目の節目を迎えます。
特練復活させて一年になり、
そろそろ?と思い、
今年になって、私の理合を吹き込み始めました。
何人かは、直ぐ出来てるから、凄い。

もっと早くても、良かったのかも。
でも、ほんの数人だけね(汗)
 

何処が一番悪いかというと

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2018年 1月10日(水)08時08分26秒
返信・引用 編集済
  まず、最初に気持ちが揺れること。

実は、意外と難しくない。

相手は、必ず、
攻めを入れてきます。それは、強い攻めか、緩めた誘いか、スポーツレベル的には、たった2通りしかありません。
いわゆる、先(せん)を取ろうとします。
これを堂々と無視すれば、勝ちなんですよ!
無視する方法を身につければ良いのに、そこが出来てない。

無視により、
相手は、先が取れなかった?ということで、相手は仕切り直し。仕切り直しするという後手になり、こちらが労せずに先を取っている状態になります。
此方は、そのまま真っ直ぐ技を出せば勝ち。相手は避けようとします。これが、仕掛け技。
そのまま打たずに、さらに誘いをいれれば、何でも打てます。これが応じ技や出ばな技。

大きな間違いは、その前ね!
最初の相手の動きに、
ピクっとしてしまうこと。

ああ、打たれなかったので、今打とう。

すでに、剣尖も左拳も正中線上になく。気持ちと体の重心も、芯がズレた状態。ここから打つから力が出せないのです。斜めか回して打つことになります。たまには当たることもあるでしょうがね~

勝ち続けてる子は、ここがブレないのです。芯がそのまま。動いて打ってても、芯がブレずに一緒に移動出来てます。

そう、
一旦、気持ちが動くことが負けなんです。
だから、勝って打て(打って勝つのではない)、勝負は技を出す前にありますよ。という教えはとっても有名です。
メンタル部分が大切だと言われるのは、そこの部分。

そして、堂々とど真ん中にぶち当たって来い!です。そして次、またその次。3つ出すまでに、勝負はつきますから^_^
観てる人は、そこの駆け引きがみたいんです。騙し討ちは要りません。

 

高学年は

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2018年 1月 8日(月)18時28分24秒
返信・引用 編集済
  予選で2敗(1勝)。全く課題を無視した試合内容で残念です。
低学年は、2年生悠希の内容が元気一杯で良かったです。暮に負けた雄武南さんにはリベンジしました。
しかし、先月負けた若葉会さんに工夫なく負けて2位での予選通過。

まつお さんといい試合しましたので、まっ、よしとしましょう(・・;)スコアは、1-2 0-2 1-2で0対3なんだけどね。真っ向勝負なわけ。そこが高学年との大きな差です。

浦安本部道場創立60周年記念大会

高学年
優勝   佐貫清心会(千葉県)
2位   山梨健心館(山梨県)
3位   直信館和泉道場(神奈川県)
3位   鬼高剣友会(千葉県)

低学年
優勝   周南剣道スポーツ少年団(千葉県)
2位   上の台剣友会(千葉県)
3位   まつお少年剣友会(千葉県)
3位   山梨県健心館(山梨県)

今月の試合は、辞退してますのでありません。
次は、結城です。
 

明日、招待試合に参加します

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2018年 1月 7日(日)23時12分43秒
返信・引用 編集済
  今日は、幼稚園児の 励 が面を初めて付けて稽古しました。おめでとうございます^_^

昨今、近隣では、
鬼高さん。浦安本部道場さんが、別格で全国区レベルで活躍中ですね~。
これからは古豪VSそういう時代が続くでしょうね。

子供達は、薄々気がついているとは思いますが、
稽古は、厳しくスタートしてます(^_-)-☆
特練部は、1月~3月は、キツイですよ(・・;)

話は変わって、
指導者としてとても好きな星野仙一氏が逝っちゃいました。残念です。
ご冥福をお祈りします。
私が30代のころに書いた、剣幸会 手ぬぐいの
いろは道場訓にも書いてます。
「こ」
後輩には、正しい理論と大きな愛情で接する
とあります。

実は、、これには続きがあって、
これに「少しの恐怖」っいうのが、付随してます。
そして、その恐怖は愛情を超えないこと!
っいう条件が付きます。 星野氏の指導理論から引用したものでしすm(._.)m

すい臓がんは、難しいですね~。
オペしても予後不良が多く。オペしないと5年生存率ゼロパーセント。究極の選択になりましょう。
私も祖父がこの病気。遺伝性もある疾患だし、糖尿病との関連もあります。
でも、はっきり言って気をつけようがないですよね。
黄疸がポイントではありましょう。


 

あけましておめでとうございます

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2018年 1月 1日(月)06時16分6秒
返信・引用
  今年もよろしくお願いします。

四月から、新しいステージで頑張るために
この3ヶ月間を大切にしたいですね!
1月は、もう一度基本を見つめ直し、
大きく竹刀を振ることを目標にします。
 

稽古納め

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年12月31日(日)21時40分46秒
返信・引用 編集済
  盛会でした。午後5時開始、終了は8時45分でした。
自分は、中学生以上とだけですが、一時間半はやったかな。

参加者は下記の通り
高校生 哲平、裕司、聖治、かれん、日向、教伍、もか、翔太
中学生 さほ、勇成、巧望、凌輔、秀
小学生 友稀、ケニー、悠太、輝莉、直希、悠以、亜衣、成菜、悠希、瑞歩
幼稚園 励
一 般 柴田、廣瀬、狩野、葛西、私
以上29名かな。
漏れてたら、ごめんm(._.)m
 

寒けいこ

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年12月28日(木)02時37分40秒
返信・引用
  月曜日から水曜日まで、
新松戸南中学校の寒稽古に参加させて頂きました。
朝5時集合、8時まで頑張りました。

中学校剣道部に3名が在籍しています。
道場から、どうしても参加したかった希望者は次のとおり。
3日間全出席は、ケニー、悠太、輝莉、春之介
2日間出席は、悠以と、中学生の凌輔
初日だけ参加は、友稀、優太
でした。

一皮むけたでしょうか  ^_^

 

二年生以下の団体戦チーム

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年12月25日(月)15時52分29秒
返信・引用 編集済
  剣幸会で二年生以下だけのチームが、
対外試合に出場したのは、道場開設以来初めてでした。
(主催の錬成会では1回だけあります)
名だたる道場が沢山出場されて、32チームの中。
1回戦    3(5)対0(0)
2回戦    1(2)対1(2)代表戦 悠希
準々決勝 2(4)対1(1)
準 決 勝  0(0)対1(1)
以上で第3位という好成績でした。

高学年と中学年は、一本、一勝差の僅差で2回戦負けでしたが、勝機はあったと思います。
敗因をあげると、ひとり相撲して自爆した敗戦を
他の選手がカバーしきれなかった点にありましょう。
誰でも、失敗することがありますが、他の子がその分、
任しとけ!
ってチャラにしないと、、、。

 

佐貫清心会35周年大会

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年12月24日(日)20時05分38秒
返信・引用 編集済
  小学2年生以下の部 第3位に入賞しました。  

館林近県大会

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2017年12月23日(土)15時52分8秒
返信・引用 編集済
  学年別個人戦
各団体から各学年2名限定。
群馬県でも、館林となると往復でも2時間15分程度。
と、千葉市よりも近く、明日の富津の方が遥かに遠いのです。

結果はケニーが決勝戦、悠希が準決勝にて、
ともに延長で惜敗しました。
ベスト4からは気持ちが前に向いてる度合で決まります。そういう意味では、ケニー君の練兵館の大きな選手との準決勝は、素晴らしかったです。

期待の2年生二人は、おも剣の子に敗退。おも剣同士で決勝戦。
3年生は、ユイは越生の鈴木君、優くんは練兵館の大関Jrに惜敗しました。

悠太は結城の山口さんに判定負け。追いついた勢いのまま延長戦も戦えば勝てたかもね。延長戦は自分の技で終わるが出来ず、受けっぱなしになってしまいました。
かがりは、ひとり相撲してました。動きは良かったけどね。竹刀は振れてなかったかな。勝手に打ってるだけ。

ナオキは、前半良かったから、もしや?と思ったけど、後半は振りかぶりが消えてしまいました。

中学生は、普段試合数の少ない子に機会をつくりましたが、棄権。やはり、試合にかける想いがその程度だから体調も管理できません。習い事のひとつでしかない。
大事な受験当日には体調不良にならないようにね!
 

/217